風俗店を快適に利用するための方法

風俗店を快適に利用したい事は、ほとんどのお客様に当てはまる事です。実際に風俗店には、禁止事項が厳しく設定されているお店が多いために必ずお店の規定は守って利用する事が第一です。快適に利用する場合に、サービスの料金の事を気にしている人も多いです。あまりにも料金が高いので、濃密なサービスを受けられる事を期待していたが、実際には女の子の対応があまり良くなくて、お店選びに失敗した人も多いです。料金が安くても、実際は良質な風俗店ではない場合もあります。快適に利用するためには、利用した友人や知人の口コミからの情報が重要で、友人などの口コミでインターネットで風俗店の概要を調べてから、該当の風俗店を利用した方が良いです。インターネットで公開されているお店の情報には、料金や割引などのイベントや女の子の紹介を中心にお店の情報が載せられています。また、利用の流れに関してお店の人にしっかりと尋ねておく事も重要です。満足のいくサービスを受けるためには、自分が情報などでよいと思ったお店や風俗嬢を調べて、該当の風俗店を試しに利用します。女の子と仲良くなりながらサービスを受ける事ができたり、満足と思った場合にリピーターとして利用すれば良いです。
 
風俗を心から楽しむのなら、それなりの軍資金は用意しておきましょう。本来、プレイ料金とは別に指名料金がかかるところが多いために、風俗を活用する際は、お金を多めに持っていくことが常識とされています。使い勝手のいい風俗店を探すには、やはり自分の足で歩いて良いお店を発見することが重要です。店の基準を決めるにはたくさんのポイントがありますが、まずはお客さんを大事にしてくれることでしょう。これはサービス面だけではなく、個人情報をきちんと保護してくれるかなど、店の総合的なセキュリティ面の問題も多く関わってきます。まずは評判大店を数研巡りながら、自分んいあったお店を見つけましょう。次に、ジャンル面での選択も重要です。デリヘルならば女の子とより密着感やプライベート感が味わえますし、本来の女性の魅力を再発見することも出来ます。風俗嬢といえども一人の女性ですから、優しく扱ってあげることが大事ですが、デリヘルはベッドやシャワーなど、多くの面で女性がリードしてくれるのでマグロのような男性でも思う存分快感を貪ることが可能です。自分の立ち位置やプレイ思考をあらかじめ伝えておくとスムーズに風俗を利用できます。そういったポイントもマスターしておきましょう。

ピンクサロンという風俗の特徴

最近は風俗の業種として、ピンクサロンという形態で営業しているお店が存在しています。ピンクサロンのお店は、店内で働いている女性の店員が性的なサービスを提供します。サービスの内容に関しては、一般の風俗店と異なる場合が多いです。しかし、サービスを提供する時間において、女の子が変わったり、アルコールなどの飲み物を提供できる事が特徴です。ピンクサロンを利用する料金に関して、基本的には30分で5千円が相場となっていて、一般の風俗店より数千円も安いことが特徴です。ピンクサロンは主に繁華街で営業している事が多くて、繁華街の通りを歩いていると男性の店員から声をよく掛けられる場合が多いです。基本的にピンクサロンは、繁華街の一角で営業している事が多くて、なかなかお店を見つけづらい事が特徴です。また、インターネットでお店の概要やマップを詳細に公開しているお店が少ないので、ピンクサロンのお店を利用する場合に友人や知人の知り合いを通じて、お店まで連れて行ってサービスを受ける人も多いです。サービスを受けるときの特徴として、一般の風俗店のように完全に仕切られた個室になっていないので、他のお客様の様子が丸見えになっている場合が多いです。

女子大生の即尺プレイに萌え

私は基本的に普段風俗遊びをする時にはかならずアナルファックプレイは必須プレイとして前提に考えているので、アナルファックを行わない風俗遊びを行わなくなってから随分と経つのですが、先日、いつもひいきにして行きつけにして利用している激安デリヘル店の電話番の男性から常連客である私に「新人の女子大生、いいですよ。どうですか今日。」とお勧めされたのでせっかくのお勧め嬢という事で試しに指名して遊んでみました。

その新人の現役女子大生デリヘル嬢はかなり小柄で華奢、そして黒髪のショートカットでボーイッシュな雰囲気があるデリヘル嬢で、アナルファックはオプションをNGにしてお店に出ていました。
私はラブホテルに現役女子大生のデリヘル嬢が入ってきた時に、「おっ当たりかな今日は。」と感じましたね。

そんな現役女子大生21歳の女の子がお店のサービスの特徴である即尺プレイをしてくれた時にはかなり興奮してしまいました。
娘の様な年齢の現役の女子大生が仕事帰りの私の汗ばんだ肉体に絡みつきながらギン勃ちしている私のチ○ポを美味しそうに咥えてくれているのです。
私はたっぷりと彼女の口内に射精をし、「飲めるか」と尋ねた所、涙目になりながらもごっくんしてくれました。
私は彼女の小さな頭を撫で撫でして褒めてあげたのでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ